最近、夫が

「場の空気を読めれば、すべてうまくいく」

という本を買ってきました。

                                                               

本を読みながら

「オレに足りてないのは、気配りだった!

オレってKYだったんだなあ~」としきりに関心しています。

                                              

それを見て、私が

「今からKYを克服するためにエネルギーを

使うのはもったいないんじゃない?

それよりあなたの長所をもっと伸ばす方に

目を向けたらどうかな?」と言いました*^^*

                   

  

人間って、

みんなと比べて自分はどこが劣っているか?

というところに目が行ってしまいがちなんですね。

                           

 

いままでの世の中は、「自分の欠点を克服すること」

がすばらしいとされてきました。

                                    

算数が苦手なら算数の勉強に最も力を注ぎます。

                         

親達も子どもの苦手な科目に注目して、それを

「何とかしないといけないから」、多くの時間を割くべきだと考えます。

                              

だって、日本の教育文化が

平均的な人間を作ることを目的としてきたから。

すべてを人並みにできるようになることを目的としてきたから。

        

だから大人になってからも、

本屋に行くと、「自分に足りないものを補うための」

本に目が行きます。

                         

みんな、

自分の強みを見つけて伸ばすことよりも、

自分の弱みを見つけてそれを補うことに

多くの時間をかけている。

                                                      

結局、「本当の自分らしくない人間」になるために

がんばっているんですね。

                              

でも、がんばったら苦手が得意になるか?

努力すれば何でもできるようになるか?というと、

残念ながら、そんなことありません。

                            

私なんか、小さい頃から運動が苦手で

週末ごとに親と運動しに行ったり

スポーツ教室に通わせてもらったり

いろいろ努力したけど、

どんなにがんばってもいまだに

運動能力は人並みにできません><

                                       

でも、弱みは弱みでおいといて、

生まれ持った才能に専念するとき、飛躍的に成長できるのです。

 

強みに集中して時間とエネルギーをかけると、              

本当の自分を大きく開花させることはできるんですね。

                           

世の中で本当に成功している人は、みんな自分の弱みではなく、

強みに注目した人ばかりです。

                            

エネルギッシュな人や器用な人は

どうしても自分に対する理想を高く設定しがちです。

                      

もちろん、だからこそ向上心があっただろうし

がんばってこれたのかも知れません。

                           

だけど、人からは「すごいね」「優秀だね」

と言われても、どんなにがんばっても満足感が得られず

「まだまだ」「もっともっと」と

感じてしまうなら、それはしんどいことでしょう。

                 

がんばり続けた結果、心が折れてしまい

燃え尽き症候群やウツの症状がでてくることもあります。

                    

そういうときの心の状態は

自分にまだ「ない」ものを探し続けています。

                       

それよりも今の自分に「ある」ものは何か?

そこに目を向けていきませんか?

                            

苦手な分野は人に任せる。

                              

自分の弱みは誰かの強み、

自分の強みは誰かの弱み。

                           

みんなが、それぞれの強みに専念すれば

きっと、世界はうまく回るようになっている。

     

短所や欠点がある、そのままの自分でも他者貢献できるのです。

        

自分にないものをうらやむのではなく、今自分にあるものに

気づいて認めてあげると、本当の自分らしさが輝きだします。

                                          

そうなれば、相手にも、短所や欠点には目をつぶって

相手のよいところを見れるようになります。

           

自分への理想が高くなればなるほど、パートナーにも

期待が高くなり、夫婦仲に亀裂が入る原因になるのです。

                                    

新しい時代は、                         

ひとりひとりの個性が充分に生かされて

お互いがお互いを認め合い助け合える、

そんな社会になるといいですね。

                   

●初回セッションのお申し込みはこちら●

●無料メール講座のご登録はこちら●

あなたの応援クリックが励みになります!


夫婦恋愛ランキング